<   2005年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

読み落とすところだった

年老いて見捨てられた売春婦に住む場所を……メキシコシティ

のニュースの中で、

「多くの売春婦と同じように、グロリア・マリアさんが10代の頃、強姦され、すぐに売春の世界に引きずり込まれた。」

とサラッと書いてあるけど、強姦した人は警察に逮捕されているのでしょうか?

「売春婦たちは、ヒモから搾取され、逮捕を免れるために警察官に賄賂を払う生活の果てに、無一文になってしまう場合が多い。」

と書いてあるから、
強姦されたのをきっかけに売春の世界でしか生きられなくなってしまった
被害者のほうは、
逮捕しようとするみたいだけど。。

そして、逮捕するぞと脅して賄賂を要求する警察の姿が日常珍しくないようだ。
これでは、搾取という意味で、強姦犯も警察も彼女たちにとっては同じことだ。

日本の警察も最近では不祥事が珍しくなくなってしまったが、
どうかここまでは落ちぶれないでほしい。
[PR]
by swanote | 2005-03-18 16:25 | 反応

プレゼント

ブランド物や高価な物をプレゼントしてもらうと、
仕舞い込む癖がある。そしてめったに使わない。
貰ったことは嬉しいのだが、どうしてもそうなってしまう。
きっと自分は貧乏性だ。

正直なところ、プレゼントはすぐに使える実用的な物がいい。
また、身近にあって嬉しい気持ちになる物が良い。

身近に置いておいて、ふと見たときに
勇気ややる気がでるプレゼントをもらうと幸せだ。

素直に嬉しい。
[PR]
by swanote | 2005-03-17 03:17 | 独白

子どもでも気づく矛盾点

提案拒否なら安保理付託 イラン核問題で米大統領

核をもっている国が、他の国が核をもつことを阻止しようとする。

他の国が初めて核を製造することは、
「世界平和」のために阻止しようとする。
一方で核を既にもっている国は、新たに核を製造している。

この事実を知っているのに、どうも納得できない。
世の中の仕組みは「社会科」で勉強したはずなのに、理由が分からない。

はっきりと分からないまま大人になり、子どもにも教えてあげられない。

「不公平は良くないことなのに、世界平和のためなら良いの?」
と聞かれたら、「そうだよ」と答えるべきなのか?

それとも、核保有国のエゴを教えてしまったほうがいいのか。
[PR]
by swanote | 2005-03-17 02:57 | 反応

薬の思い出

子どもの頃は、最初シロップのような飲み薬を飲む。
ちょっと甘いので抵抗がない。

そのうち、粉薬になる。
粉を先に口に入れるか、水を先に口に入れるか
この頃に決まる。
最初はむせていたが、自分は粉を先に口に入れるようになった。
水を先に口に含むと、粉薬のために口をまた開くのが辛かったからだと思う。
そして、舌のあまり苦みを感じないところを探して載せる癖がついた。

そのうち、小さな錠剤も飲み込むことができるようになり、
最後にカプセル錠にチャレンジする。

小さな錠剤なら水を飲む勢いで流し込めたのに、
カプセルだとなかなか喉を通らなかった。
そのうち、カプセルがふやけてきて、舌に貼り付いてますます飲み込めなかった。

その時の葛藤をよく覚えている。
[PR]
by swanote | 2005-03-17 02:43 | 独白

宇宙

地球は宇宙の中にある。
地球は太陽系に属している。太陽系は銀河に属している。

宇宙といえば、普通こういう話だ。

しかし、その仕組みはどうなっているのだろう。
膨張しているとか爆発したとかいうが。全体の仕組みがよく分からない。

ところで、体内は小宇宙といわれる。
精神も小宇宙といわれる。
体内にも精神にも、悪玉と善玉が存在していて、
それぞれがバランスをとって成り立っている。

世界の仕組みも宇宙の仕組みも、同じように悪玉と善玉が存在していて
バランスをとって成り立っているのかもしれない。

世界の中で、自分という菌は善玉だろうか悪玉だろうか。
[PR]
by swanote | 2005-03-17 02:25 | 白痴用

詐欺の影響

最近は、詐欺が一般的な事件になってしまった。
交通事故と良い勝負ではないだろうか?

「振り込め詐欺」や「フィッシング詐欺」、「架空請求」など、
電話やインターネットを駆使して襲ってくる。

この被害は、お金だけではない。
詐欺が家庭崩壊の危機まで招いてしまう。

例えば、振り込め詐欺。

「あなたの夫が痴漢で捕まりました」
と言われて、示談金を振り込んでしまった妻に、
夫は「俺はそんなことをする人間ではない!どうして信じたんだ!!」
と怒り狂うだろう。

そして、妻も負けずに、
「だってあなたはすぐに連絡とれなかったじゃない!あの時何してたのよ!」
と浮気を疑ったり日頃の不信感を露にしたりして、もう後は修羅場だ。
[PR]
by swanote | 2005-03-17 02:17 | 毒吐

もしもボックス

ドラえもんの定番グッズに「もしもボックス」という公衆電話ボックスのような道具がある。
電話口で希望をいえば、それが叶った世界になってしまうという優れものだ。

しかし、これが何台もある未来の世界は、どうなっているのだろう。

みんなが勝手に世界を作り替えてしまって、
何が本当の世界か分からなくなりそうだ。

そんな未来だと、
「もしも本当の世界だったら!」などと電話口で言い出す人も出てきたりして。
[PR]
by swanote | 2005-03-17 02:04 | 白痴用

取り残される恐怖

努力して、結果を出していかないと、落ちる。

このストレスが動力源になって、成果を上げているうちは良い。

結果が出せないことに恐怖を感じて、身がすくんでしまったら
どうすればいいのだろう。
[PR]
by swanote | 2005-03-16 01:36 | 独白

見返り

あなたのホワイトデーは?

バレンタインデーでは、
「日頃お世話になっているから」という感謝を込めて義理チョコを渡すのに、
ホワイトデーにはそれ以上の価値あるお返しを期待している。

義理チョコの相手からはお返しなどいらないと思わないのだろうか。
感謝の裏にある浅ましさを感じる。

本命同士だけが平和でよい。
[PR]
by swanote | 2005-03-16 00:47 | 反応

論述問題

最近の日本の子どもは、論述形式の問題が苦手らしい。
自分も日本人なのでよく分かる。

自分の場合は、あまりにもどうでも良いことを尋ねるので、答えに窮するのだ。

例えば、
「あなたの学校について紹介してください」
という中学生向けの英作文問題がある。
これが苦手な問題の一例として取り上げられていた。

問題制作者は、妥当な問題なのになぜ苦手なんだ!と思ったことだろう。
学校に毎日通っているわけだし。

しかし、誰に向かって紹介するのかが問題なのだ。
それによって、答える内容が変わってくることに気づいていない。

アナタノガッコウニツイテオシエテクダサーイ!
と日本を知らないアメリカ人に聞かれたのなら、
日本の学校は4月から始まることや、
3学期制であることや、
授業中に飲食は禁止であることや、
制服があることなど、
相手の学校との違いを説明することができる。
説明して分かってもらおうという意欲もわく。

別の中学の友人に聞かれたのなら、
制服がダサクて嫌だとか、
校則が厳しいとか、
学校が家から遠いのにチャリ禁止で辛いとか、
バスケ部が強いとか、
変な先生がいるとか説明できる。

このように説明を求めるなどコミュニケーションを想定した問題の場合、
インフォメーションギャップを生かした問題作りをしたほうが良いと思う。

そのような想定がない状態では、学校の英語教師を答える相手にするしか
思いつかないが、同じ学校の先生に説明する気など起こるわけがない。
先生も学校について知っているから。

英作文の回答としては、ごく当たり前のことでもいいわけだが、
説明するというコミュニケーション行動の中で、
学校は4階建てのビルですとか、生徒は1000人いますとか、
聞いている人にも「当たり前」のことを答えるのは苦痛なのだ。
[PR]
by swanote | 2005-03-16 00:32 | 独白