<   2005年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

笑い声の効果

つまらないバラエティ番組には、よく笑い声の効果音が入っている。

そして、オチの部分は、文字で強調される。

テレビを見ている限り、そんな苦し紛れでも多少の効果を感じるが、

画面を見ないで音だけを聞いていると、わざとらしい笑い声は耳障りに感じる。

面白くないということも良く分かる。
[PR]
by swanote | 2005-01-31 22:05 | 毒吐

車内のカップル

電車で座っていた時、
向かい側の座席で楽しげにイチャイチャしている(死語か?)カップルがいた。

結構空いている時間だったのか、車両にいる人はまばらで、
自分とそのカップル以外は、みんな居眠りしていた。

自分が「本でも読もうかな」と下を向いた時、
男が強引にキスをしたところが、目の端に映った。

女が「も~やだ~!」と言い、
男が「大丈夫みんな寝ちゃって見てないよ」と言っているのが聞こえた。

そのまま寝たふりをするしかなかった。
[PR]
by swanote | 2005-01-31 00:51 | 独白

プレゼントの値段

最近恋人の間では、高額なプレゼントがやりとりされているらしい。

自分たちはあまり高価な物に興味がないが、
プレゼントをあげようとすると、奇妙なやりとりが繰り広げられる。

あげる人:「プレゼントは○○がほしい?」
もらう人:「高いからダメ」
あげる人:「じゃあ、△△円までだったらいい?」
もらう人:「ダメ、100円ショップで税込み105円までなら許す」
あげる人:「それじゃあ全然足りない!100円ショップなんかにない!」
もらう人:「じゃあなくていい」
あげる人:「えー!プレゼント買いたい!」
もらう人:「だめ。」

なぜか、あげる人がねだっているような状況になる。
[PR]
by swanote | 2005-01-30 23:59 | 独白

顔の良し悪し

よく、

「人間は外見じゃない!心だ・性格の良さが大切だ!」

「いや、やっぱり顔やスタイルが良いほうがいい!」

という2派の間で議論が起こる。


自分は、顔が良いだけで他に何もない人は嫌いだ。

顔の造りが良いだけで、生き生きとした表情や一生懸命な表情を浮かべない人は嫌いだ。


かといって、顔の悪い人も嫌いだ。

嫌な表情を浮かべることが多いと、その筋肉が発達し、しわが刻まれ、
その目つきが癖になり、いつの間にかそういう顔になってしまう。

嫌な表情は、高慢・欺瞞・嫉妬・無関心・媚び諂い・自己中心的な考えなどから生まれる。

そういう内面から作られた顔の悪さが嫌いだ。

顔の造作が良くても、こういう顔の悪さをもつ人はいるし、
逆に、生まれつき顔の造りは平凡でも、いい表情からいい顔になってゆく人もいる。
[PR]
by swanote | 2005-01-29 23:55 | 毒吐

しょうが湯と葛根湯

冬の健康法、教えて!

気温に合わせて体が冷えない服装を選ぶ。

風邪の兆候を感じたら、葛根湯を飲んでよく寝る。

寒い夜はお風呂上りにしょうが湯を飲む。

週1回はたくさん汗を流すスポーツをする。

楽しく笑う。
[PR]
by swanote | 2005-01-29 21:10 | 反応

内服液

大風邪を引いてしまった。

いつもなら風邪の兆候を感じたら、顆粒の葛根湯を飲んで一晩寝たら大丈夫なのに、
今回はいっこうに良くならない。
寝ている間に寒気がどんどんひどくなるし、頭は痛くなるし、喉の扁桃腺は唾を飲み込むのも辛い程腫れ上がった。

そういう翌日に限って大切な用がある。
ふらつきながらも家を出て、ボーっとしながらもなんとか用事を済ませた。

帰りにトローチを買って帰ろうと薬局に寄ったところ、葛根湯の内服液を見つけた。

高い。

顆粒の葛根湯1箱よりも高い。

その割りに1日分(3本)しか入っていない。

でも、熱のせいで正常な判断を失っていた自分は、それを買って飲んでみた。


治った。
[PR]
by swanote | 2005-01-28 19:57 | 独白

プレゼント

好きな人にプレゼントをあげて喜んでもらいたいと思った。

体が部分的に凝っているそうなので、マッサージ機器がいいかと思い、
ネットで検索を始めた。

その人の凝っている所によく届いて効きそうなものを選んでいるつもりだったが、
いつの間にか自分がほしいマッサージ機器を検索していた。

そもそも「自分がしてほしいことは相手もしてほしいに違いない!」という
思い込みからプレゼントを選んでいたことに気づいた。

でも結局、プレゼント用と自分用を選んでしまった。

実際に購入するか検討中。
[PR]
by swanote | 2005-01-25 02:48 | 独白

今日は鍋

これぞおいし~い「あったか鍋!」

今日は水炊きだった。

鍋の中身は、
つみれ、骨付き鶏肉、白菜、えのき、椎茸、里芋、タラ、豆腐、人参、大根。

骨からだしがよく出ていた。
味ポンで食べた。
[PR]
by swanote | 2005-01-24 22:50 | 反応

びっくり

電車に乗っていたら、隣の空いている席に座ろうとした女の子が、
足がもつれて反対側の隣の人のところに倒れ込んだ。

その女の子は「はは、すみませ~ん」と言って、座り直したが、
座った直後、「びっくり。」と言った。

びっくりしたのは、寄りかかられた方だと思う。

隣に被害者がいて自分が迷惑をかけたばかりなのに、
「びっくり。」と言ってしまうところに、
「自分のせいじゃないもん!」という気持を感じた。
[PR]
by swanote | 2005-01-22 22:38 | 毒吐

海外旅行ツアーオプション

海外に旅行して現地の人ともっと話せたらいいな!と感じて、
帰国してから外国語を学ぼうと一念発起する人がいる。

「次に行った時には、現地の友人を作るぞ!」という意気込みで、
学習初期は異常に熱心だが、次の機会なんて早々あるものではない。

そのうちやらなくなる。

実にもったいない。


現地の人と話したいと思う人が多くいるのなら、
出発前に日本で現地の言葉を学習できる機会をサービスしたらどうだろう。

スケジュールを説明しつつ、シチュエーションごとに使えそうな言葉を教える。

例えば、
「2日目の昼は、○○広場で13:00から15:00まで自由行動です。」
というようなスケジュールの説明だったら、

 ・××はどこですか?
 ・トイレはどこですか?
 ・これはいくらですか?
 ・(金額の呼称)
 ・これは何ですか?
 ・おすすめはありますか?
 ・これをください。
 ・いりません。
 ・ありがとう。
 ・これは違います。
 ・もっと安くしてください。
 ・別の色・サイズはありますか?
 ・写真を撮ってもいいですか?
 ・写真を撮ってください。
 ・すみません。
 ・助けて!
 ・わかりません。
 ・もう一度言ってください。

程度のことを話せるようにするとか。

この程度なら、相手のリアクションも推測できて分かることが多いので、
現地の人とコミュニケーションができた!と満足するだろう。


つまり、これまでの日本の海外旅行者(ツアー客)は、

日本語が通じるツアーに参加

やっぱり現地の言葉がしゃべれたら良いな~!と思う

日本帰国後、個人的に勉強

試す機会がなかった…

あきらめた

日本語が通じるツアーに参加…


というサイクルに陥っていたわけだが、


現地の言葉をシチュエーションごとに学習

そのシチュエーションを実際に現地で体験し、学習した言葉を試すことができる

ちょっと通じて嬉しい!

日本帰国後、個人的に勉強を続ける

試す機会がない…


というように、帰国後なかなかすぐには次のチャンスがないのは同じでも、
事前に学習する機会をサービスすることによって、
新しいサイクルでは、これまで体験できなかった現地語での交流という喜びが得られる。


対面式で教えてもらえたら楽しいけど、
シュミレーション練習ができるようなWebサイトを作ってくれても良いな~
[PR]
by swanote | 2005-01-22 04:45 | 白痴用