カテゴリ:白痴用( 29 )

苦情受付サービス

電車に乗る機会が多い。

できれば快適な時間を過ごしたい。


でも、この時期になると限度を超えて飲んだくれた挙句に、車内で吐く人がいる。

この前、電車のドアが開いて1歩踏み出そうとしたら、
入口のすぐ傍しかも中央に嘔吐物が仕掛けてあって驚いた。

犯人は電車を下りる際に我慢できなくなって、
でもなんとか電車とホームの間に自分の嘔吐物を落とそうとしたけど、
予想外に量が多く、車内に引っかけてしまった模様。


以前、車内で吐いてしまった人に対して、
周りの人が次々にティッシュや新聞を渡してあげたという心温まる場面に居合せたことがある。
しかし、この場合は、うっかり足を出して踏んでしまう人はいても、
さすがに誰も手は出せない。


混雑してきたら、ひたすら自分が降りる駅まで我慢我慢。
きっとこの電車は、清掃になるまで嘔吐物を付けたまま走り回る。

こんな時、駅の係員が手際良く救ってくれないものかと祈る。

最近の車内ルールでは、携帯電話でメールやネットをするくらいはセーフだ。
それを利用して、駅の係員にSOSを出すことができないだろうか。


そして、係員には、その電車がいつどの駅に到着するかだけでなく、
SOSを発信した人の最寄ドアまで分かる。
ドアが開いた瞬間、待ち構えていた係員の人がささっと処分してくれる。

みんな苦痛な旅から救われてきっと大感謝だ。
まさに救世主登場だ。
[PR]
by swanote | 2004-12-29 02:06 | 白痴用

携帯のストラップ

携帯電話について、以前沢山の夢を語ってみたが、
今度は携帯ストラップについて考える。

最近は、ストラップも携帯電話に負けず劣らず便利になっているけど、
折りたたみ傘はどうだろう。


携帯電話くらいの折りたたみ傘があれば良いと書いたこともあったが、
携帯電話のストラップぐらいの折りたたみ傘があればもっといい。

「台風にはかないませんが、案外丈夫ですよ」なんて宣伝文句で
ひょろひょろの傘を売ってみて欲しい。
[PR]
by swanote | 2004-12-29 01:45 | 白痴用

病院カルテ

最近はどこもIT化が進んでいるな。

今日行った大病院では、診察カルテをパソコンで作成する。
だから、患者と話しているけれど、医師の顔は画面を見つめている。

患者である自分が話した言葉を無言で入力する医師の横顔は、ちょっと苛立っていた。
朝からずっとパソコンに向き合って、これではデータ入力作業だけやってるみたいだ。

ということで、将来、パソコン音声入力の性能が向上したとき、
もっと楽に効率良く診察してもらうために、それを導入したらどうだろう。

そうしたら、インカムつけたお医者様が診察するようになったりするのかな。

プロミスのCMみたいに、
インカムつけたお医者様が「どうしましたっ?」なんて、笑顔で話しかけてたりして。
[PR]
by swanote | 2004-11-18 03:02 | 白痴用

携帯傘

折り畳み傘をいつも持ち歩く人は偉い。

急な土砂降りなどの時は、携帯した傘があると本当に助かる。
雨の中を濡れて歩くのは惨めだ。荷物が濡れるのも、ずぶ濡れで電車に乗るのも嫌だ。

最近の折り畳み傘は、軽量化・コンパクト化が進み、かなり小さくなっている。
でも、もう一息どうだろう。
今はまだ、いつも持ち歩こうとは思わない大きさなのだ。

いつも持ち歩くといえば、携帯電話だ。
あのサイズ・あの軽さの携帯傘があるといい。

カバンの中にも、ケータイを収める内ポケットがついている。
そこに携帯電話をきちんと入れている人は少ない気がする。
それなら、そこに、電話の代わりにいつも傘を入れておけばいいじゃないですか。

そこまで小さいと嬉しい。
そうなれば強度には目をつぶろう。
1,2回で壊れてしまっても仕方がない。
その代わり2~300円で買いたいなあ。。
[PR]
by swanote | 2004-09-23 00:42 | 白痴用

車のリモコン

最近の車は、リモコンでドアをロックできる。

おかげ様で、いちいち運転席側のドアまで行って、
鍵を開けたり閉めたりする必要がなくて楽だ。

そんな遠隔操作ができるなら、
大駐車場で、どこに止めたか分からなくなった場合にも対応して欲しい。

自分の車がどこにあるか分からない時、
リモコンのボタンを押すと、

(1)音が鳴る
(2)ライトが光る
(3)旗が立つ
(4)迎えに来る

なんていいな。
[PR]
by swanote | 2004-09-05 22:58 | 白痴用

新世代ケータイ機能(14)

猛暑なので、ペットボトルを持ち歩く人を結構見掛ける。

熱中症対策として良いと思う。

でも、邪魔でもある。

そこで!
ケータイから水が飲めたらな~
と思いましたが。

うーん、鉄の味がしそうだな。。
[PR]
by swanote | 2004-08-20 18:46 | 白痴用

新世代ケータイ機能(13)

ちょっと気を取り直して、
エネルギー変換機能はどうだろう。

例えば、感情をエネルギーに変えて、
冷暖房にする。

怒りエネルギーは、冷風になり、怒りを静め、
恐怖エネルギーは、温風になるとか。

…怖い思いをしている時に、生温かい風を感じるのは
ちょっとやだな。


例えば、体温をエネルギーに変えて、
充電する。

その先にはマトリックスの世界がみえるが。


はー、ネタが尽きた気配。

実際のところ、携帯電話ユーザーは、
新機能について、どんな要望があるのだろう。

全ての機能を使いこなして、
まだ足りない!と思っている人は少ないのかな。

やっぱり、もう現状で満足?
[PR]
by swanote | 2004-08-14 04:06 | 白痴用

新世代ケータイ機能(12)

今回のテーマも、”できるものなら…”。
努力度外視タイプ?

やっぱり
コピーロボット
でしょうか。


調子に乗って、
授業代弁&ノート取り機能とかも。
宿題代行機能とかも。
カロリー消費代行機能とかも。
[PR]
by swanote | 2004-08-14 04:03 | 白痴用

新世代ケータイ機能(11)

今回のテーマも、”できるものなら…”。
空間度外視タイプ(続き)

簡易イス機能

これで地べたに座りこむ子供達も
お行儀が良くなる。


あと、乗り物機能

座れるなら、動けるだろうということで。
ちょっとケータイに乗って、ドライブとか。


そして、宿泊機能

乗れるなら、泊まれるだろう(強引)。
ドライブした先で、ケータイで一泊。
[PR]
by swanote | 2004-08-14 04:03 | 白痴用

新世代ケータイ機能(10)

今回のテーマも、”できるものなら…”。

空間度外視タイプ


まず、瞬間移動装置

常に携帯できるなんて、すごく便利。
そんな時代を夢に見て死にゆくわが身か。。


次は、荷物収納機能

ケータイをバックにしまうのではなく、
バックをケータイにしまって、
ケータイも体にしまって、
手ぶらで移動。
[PR]
by swanote | 2004-08-14 04:01 | 白痴用