カテゴリ:反応( 69 )

都立高校 必修科目「奉仕活動」

チャリティ、ボランティアは、
慈善活動、奉仕活動という言葉よりも、
何となくカタカナ言葉でそのまま日本人に受け入れられた気がする。

そんな時勢に都立高校は、なぜ科目名を「奉仕活動」にしたのだろう。
「奉仕活動」必修科目に=全都立高で07年度から

ボランティアの内容は確かに奉仕活動だが、
自分は、「奉仕活動」と言われると、滅私奉公を強制的にさせられている気分になる。

ボランティアには「自発的な取り組み」という意味がある。

ボランティアだからこそ、寒空の下、
重油で汚された海岸に何万人もの人が集まって、
石をひとつひとつ磨くまでの重労働を成し遂げたのではないだろうか。

今も、台風や地震の被災地に赴いて熱心に働いている人々がいるのではないだろうか。


平成7年度から「奉仕活動」が始まったら、
言葉のイメージが今後変わっていくのかもしれないが、

サボったり嫌がったりする生徒もでる気がする。
強制されるのが嫌で。

また逆に、内申点の為だけに熱心ぶりをアピールする生徒もでる気がする。
単なる授業のひとつ、という認識で、「奉仕活動」の履修を済ませたらオシマイ。



ところで、高校の履修科目には「学習の目的」が必要だが、
-------------------------------
社会で必要とされていることや、人から感謝される喜びを奉仕活動を通じて体験し、
将来の生き方について考えてもらうのが狙い。
-------------------------------
これは、個人が感じることであって、学んだことではない。


「奉仕活動」で、実際に取り組まされたものが、
無意味でツマラナイと感じることだった場合、「社会で必要とされている」とは感じないだろう。

また、「奉仕活動」で、他人から感謝されれば良いが、
感謝されなかったり、自分自身に満足感が生まれなかったりした場合、
「人から感謝される喜び」を感じることは無いだろう。

それに、「将来の生き方について考える」というのは、個人の問題だ。
「奉仕活動」の体験から何かを感じ、それが将来の生き方を考える材料になり得るかは、
個人の適性や、実際の活動内容や出会いなどの運によるところが大きい。

つまり、履修した生徒全員が、
「奉仕活動」の体験から「将来の生き方」について考えるというのは、
飛躍というか、かなり無理がある。


とはいえ、生徒は良い点を取る為に、
「奉仕活動」の体験で、実際に自分が何を感じたにしろ、
「奉仕活動を体験して、これからも人の役に立ちたいと思った」とか
もっともらしくレポートに書くんだろうな。



高校での必修科目にするなら、
「社会との繋がり」を体験学習することが、「奉仕活動」の狙いだと思う。

自分は社会の中の一員であり、無関係なようで人々は皆関わりあっていることを、
実際に社会の中でボランティアを通じて人と接することで学ぶんだと思う。

その体験から喜びを感じたらラッキーだし、
これからも社会と関わっていきたいと思ったら、大成功。

でも、「奉仕活動」を通じて何を感じようが、
「人間はみんなで助け合いながら生きているんだ」
ということが生徒に分かれば、学習の目標は達成できたことになると思う。



ちなみに、この「奉仕活動」が生まれちゃった理由は、これらしい。
-------------------------------
背景には、通学せず仕事にも就かず、職業訓練も受けていない
「ニート」と呼ばれる若者の増加があるという。
-------------------------------

…ニート?

ニートを検索したところ、
-------------------------------
「ニート」とは
“Not in Education, Employment, or Training”
の頭文字を取ったものからきており、
“働こうとしないし学校にも通っていない。
仕事につくための専門的な訓練も受けていない人たち。”
と定義されています。
-------------------------------
ということが分かった。

この問題って、
高校の「奉仕活動」が必要とされている問題なんだろうか?


2004年11月1日に野村総合研究所が報告した
「ニート」に関するアンケート結果や考察を見つけた。

「ニート」の増加に対して9割を超える人が危機意識!~ NRIが行ったアンケート調査では、90%近くの人が、今後、「ニート」は増加すると考え、92%を超える人が「ニート」の増加が社会に大きな影響を及ぼすと回答~

この考察部分には、
-------------------------------
「ニート」の増加は大きな社会問題であり、
就労や教育問題の視点のみで捉えるのではなく、
社会の安全、経済政策や社会保障制度の再整備、などの構造的問題として捉え
取り組んでいくことが不可欠であると考えています。
-------------------------------
と「教育」の文字は見えるが、
これは、家庭での教育や義務教育のことだ。

高校教育は、義務教育じゃないです。
ということは、あまり問題視されていないみたいですが???

あ、わかった。
高校教育こそがボランティアで、自発的に「奉仕活動」を必修科目にして、
「ニート増加問題」の解決に参加したいのですね?
[PR]
by swanote | 2004-11-12 04:02 | 反応

狂気の地

新潟の地震被災者が一時帰宅するというニュースで、
瓦礫の山の映像を見た。

だが、一緒に映っている人は、
少しホッとした嬉しそうな顔でインタビューを受けている。
良かった。


次のニュースも、瓦礫の山の映像だった。

米軍、市内拠点へ進撃 ファルージャ制圧作戦

瓦礫と化した地で、絶望的な暗い目をしてカメラを見る人々。
病院も、医者も患者も、女も子供も、攻撃されて殺されている。

市民の2/3は街から逃げたそうだ。
つまり、まだ一般市民が1/3残っていることになる。
無差別な虐殺地帯になった今となっては、もう逃げられないかもしれない。


ニュースでは、
アメリカ兵が負傷した映像も見たが、それ以上に強烈な印象を受けたのは、
「アドレナリンがどんどん出てくるぜ~!」
みたいなことをカメラに向かって楽しそうに叫んでいる武器を持ったアメリカ兵。

こんな奴らに殺されているのか、イラク人は!
と頭にきた。

そして、こんなバカを支持しちゃったのか、日本の首相は。
もう嫌だ。
ひたすら嫌でしょうがない。
[PR]
by swanote | 2004-11-09 23:56 | 反応

もうすぐ冬

この秋、体験したいアウトドア&スポーツは?

秋といっても、今まで台風ばっかりだし、街中はもう既にクリスマスの準備みたいだし、
ここ数週間で、すぐに冬になっちゃいそう。

そう考えると、アウトドアとか新しく自分で体験する余裕がないな。
確かに秋は、スポーツした後に涼しい風を感じて清々しいから、体を動かすのも良いけど。


秋は体験するより、観戦することが多い。

秋に向かって厳しい夏の間一生懸命練習した選手達が、
大会で成果を上げているのを見るのが好きだ。
[PR]
by swanote | 2004-11-08 23:22 | 反応

新札になって悩んでいること

11月に行なわれる友人の結婚式にはもちろん新札を祝儀袋に入れたい。

友人の結婚式が続いているし、懐に余裕があるわけでもないから、
金額は2万円。

本来、祝儀の額は、奇数がいいとされているが、
最近の若者は2万円というのが一般的に許されている。(有り難いことだ)

だが、やはり偶数になってしまうのは気になるところ。
そこで、友人に聞くと色々と工夫をしている。(でも3万円にはしない)

例えば、
一万円札×1枚+五千円札×2枚=2万円 (3枚入ってますの意)とする。 とか
一万円札×2枚+五円玉=およそ2万円 (奇数になったし5円って縁起良くない?)。 とか

自分の場合、
五円玉は、後で集計する人が困るので、
一万円札1枚と五千円札2枚を、祝儀袋に入れることが多い。


ところが、新札になって、困ったことがある。五千円札は女性なのだ。

男1人(諭吉くん1枚)に女2人(一葉さん2枚)と考えると、
ちょっと結婚式にふさわしくない気がしないでもない…。

しかし、だからといって、
諭吉1枚と野口英世を10枚を詰め込んだら、奇数にはなるけど、
集計作業でウザがられるし、もしかしたら大金!?と期待させちゃうかもしれない…


新札に女性が採用されたことは画期的だと思うが、個人的には困ったことが生じた。

新紙幣が流通開始、デザイン一新し「樋口一葉」などが登場

関係ないが、
五千円札は表のデザインに凝りすぎたのか、裏がさみしい感じだな。
[PR]
by swanote | 2004-11-02 03:39 | 反応

家族のために

自分の親戚だったとてもキレイな女性が、27歳の若さで亡くなった。
心優しい人で、初対面から好きになった。

また会いたいと思って、次に会えることを楽しみにしていた。

次に会えたのは、彼女の葬式だった。
闘病の末、とても小さくなってしまった彼女を見て、涙が止まらなかった。


彼女のお母さんは、泣き崩れていて、彼女のお兄さんに支えられて立っていた。

彼女のお父さんは、毅然とした態度で式を取り仕切っていたが、
挨拶で、「もっとこれから娘らしい幸せを味わってほしかった」と言った時に、
堪えきれず泣いた。


ご両親の嘆きが心に突き刺さって、胸が苦しかった。
子供に先立たれる悲しみは、親として最大の悲しみだと感じた。


ご両親は、その後元気を失った。


先立つことは最大の親不孝だ。
この人も、どうか家族のために助かってほしい。
<イラク邦人人質>香田さん家族「戻ること、ひたすら祈る」
[PR]
by swanote | 2004-10-28 04:19 | 反応

手術へ

陽佑ちゃんを救う会が10月22日時点で80,232,097円の募金を集めた。
これで手術の具体的な交渉ができるようになるらしい。
赤ちゃんの容態も悪化しているみたいで、 すぐに手術するそうだ。
これでなんとかなってほしい。

それにしても、1か月くらいで募金総額 80,232,097円というのはすごい。
善意で集まったお金だからすごい。

一方で、悪事には億の単位でお金が動いているのが、現在の世界。
バレたらやばいと必死に隠そうとする。
捕まっても罪状を認めようとしない。
そして、そのうちスイマセンデシタと謝っておしまい。

時々、ねずみ小僧みたいな奴がいればと思う。
[PR]
by swanote | 2004-10-26 04:17 | 反応

明日は我が身

たび重なる台風にひとこと!

今回の台風・地震でもありがたいことに無事だった自分。
しかし、日本は天災国だから明日は我が身と思う。

阪神大震災の後は、避難用の物品とか地震対策グッズとかが流行った。
今回の水害や震災をきっかけに、当時準備した物はどこにしまってあるのか点検したところ、
あちらこちらに仕舞ってあった。

天災の時は、とりあえず家の中が一番安全だと思う。
そこを飛び出して避難しなくちゃならないほどヤバイのに、
避難用の物品とか貴重品とかを、あっちこっちから引っ張り出せるような余裕はないだろう。

この状態では、枕だけ持って逃げ出したりと迂闊なことをしそうだ…。
また意識を高めておこうということで、色々調べてみたら、
この防災グッズのサイトを見つけた。詳しい人がいる。

また、安芸高田市消防本部のHPにある生活安心情報もけっこう熱心で具体的で良いと思った。


最近は、健康ブームだけど、命あってのことだと思う。
今後は防災知識も教養のひとつになりそうな予感がする。
[PR]
by swanote | 2004-10-26 00:33 | 反応

京都の秋

「秋を探しに出かるならここ!」

JR東日本のCMで、いつか京都に行って秋を満喫したいと思うようになった。


ところで、昨日の台風23号で
観光バスの上に非難して無事救助された人達は、京都の秋を見に行ったのかな。
[PR]
by swanote | 2004-10-22 01:16 | 反応

右脳と魚

自殺した人と事故で死んだ人の血液成分に差があったらしい。
魚の油に含まれる脂肪酸、エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)の赤血球中の濃度が違うんだそうだ。
Yahooニュース


自殺が左脳の仕業だと考えてみると、魚は右脳が喜ぶ食べ物なんだろうか。
とりあえず、自殺志願者が周りにいたら、
魚を食べつつ相談に乗ってやると良いのかもしれないな。(単純)
[PR]
by swanote | 2004-10-18 18:22 | 反応

伝わる印象

軽率な発言をしてはならない立場の人が発した言葉に、
世間が批判的に反応した場合、

その人がまず最初に使う言い訳は、
「そういう意味ではない」「真意は違う」というものだ。

そして、「不適切な発言だった」「不用意な発言だった」と謝罪して終わる。

[米軍ヘリ墜落]町村外相「操縦上手で被害最小限に?」

このニュースもそうだが、以前から政治家や教師の軽率な発言が問題になっている。

現代は、伝わらないと意味がない時代になった。


例えば、自分は最近、

「死ぬことも殺すことも、
その仕組みや方法について情報が得られる現代では、
生きることに比べて簡単なこと。

産まれること・生きていくことは、それよりもっと大変なこと。
生きていて辛いことがあるのは当然。それだけすごいことをしている。
だからこそ、生きていると幸せを感じられるのではないか。」

ということをよく考えている。

この「命の尊さ」について、できれば小・中学生にも気づいてもらいたいと思う。

しかし、もし仮に自分が教壇に立つ機会を得たとして、
実際に中学生や小学生に向かって、これを突然話したら、
言い様によっては、試しに自殺してみたり、人を殺してみたりするバカが出てしまう気がする。

また、その時の自分の発言の中で、例え話のつもりで出した
「人が死ぬ仕組み」とかだけが一人歩きをして、
PTAとかマスコミから、「この先生はなんつー事を子供たちに教えるんだ!!(怒)」などと
ものすごく非難される可能性がある。

そんなことになったら、自分は
「いや、人を殺せなんて言ってないよ…」と泣きたくなるだろう。

だから、本当に伝えたいことは安易に伝えられない。伝わらないかもしれないから。

子供たちに話す時も、誤解がないように慎重にたくさん前置きをしたり、
その大切な話の変な部分だけが広まらないように、
事前にプリントを作ったり、その授業をビデオで記録したりすることを考えるだろう。

偉い立場の人でも、「真意を察しろ」というお偉い態度では、
全然伝わらない時代だと思う。
話し手よりも聞き手を重視する必要がある。
[PR]
by swanote | 2004-10-17 01:59 | 反応