カテゴリ:反応( 69 )

家で

あなたは、どこでカウントダウン?

出かけようと思ったが、窓から吹雪をみて気持が萎えた。
家でおいしいものを食べながら、ぬくぬくして新年を迎える。


今年は猛暑だったり暖冬と言われたりしたけど、雪が降るんだな。
[PR]
by swanote | 2004-12-31 19:17 | 反応

共感の欠如した人間

なぜいい年した大人の男が、卑劣な犯罪をするのだろうか。
なぜ似たような犯罪が多発するのだろうか。

<奈良女児殺害>誘拐容疑で36歳男逮捕 自宅から携帯発見

-----------------

最も卑劣な犯罪を犯す人間の多くは、共感が欠如している。
この悲しむべき心理的断層は強姦犯、子どもに対する性犯罪者、家庭内で暴力犯罪を起こす者たちに共通して見られる。
彼らは共感を抱くことができない。
犠牲者の痛みを感じることができないから、自分に対して犯行を許す言い訳ができるのだ。


たとえば強姦犯は、「女は本心は姦って欲しいのさ」とか「抵抗するのは嫌がっているフリをしているだけだ」などという。

幼児に性的いたずらをする犯罪者は、「子供を傷つけてるわけじゃない、愛情表現しているだけだ」、「これだって愛情のひとつの形だ」という。

子供に暴力をふるう親は「厳しくしつけているだけだ」という。


これらの言葉は心理的に「問題あり」と診断されて
治療を受けることになった犯罪者たちが語ったものだ。
彼らは犯行時や犯行の準備をしているあいだ、
自分自身に向かってこのように言い訳していた。


犯行者が犠牲者に害を加えている時、
その残忍な行為を助長する情動サイクルの一環として、
ほとんど例外なしに共感の抹殺というプロセスが含まれている。


たとえば幼児に性的いたずらをする犯人に典型的に見られる情動の変化を追ってみよう。


犯罪にいたる情動サイクルは、犯人が怒り、抑うつ、寂しさなどの感情で
いらいらするところから始まる。

いらいらは、テレビで幸せそうなカップルを見たあとで
ひとりぼっちの我が身を振りかえって気分が落ち込む、といったことが引き金になる。

いらいらしてきた犯人は、子供との心暖まる友情など
お気に入りのいつもの空想を心に描いて自分自身を慰めようとする。

空想はしだいに性的になり、自慰行為で終わる。


自慰行為によって少しは悲しさが和らぐが、長続きはせず、
憂うつと淋しさは一層ひどくなって戻ってくる。


犯人は空想物語を現実に演じてみたいと思いはじめ、
自分自身にむかって「子供が肉体的に傷つかなければ別に悪くないんじゃないか」とか
「オレとセックスするのが本当にイヤなら子供のほうからやめるって言えばいいんだもんな」
などと弁解しはじめる。

この時点で、犯罪者は倒錯した空想のレンズを通して子供を見ている。

生身の子供がどう感じるだろう、といった共感はない。


このような相手の感情に対する無関心がその後に起こるひとつひとつのこと
-子供をひとりきりで連れ出す計画、犯行の念入りなリハーサル、そして計画の実行-
に共通する特徴だ。

すべてのことが、まるで被害者には感情がないかのような調子で進められていく。

犯罪者は自分の空想に出てくる従順な子供の姿を被害者の上に投影しているのだ。


被害者の感情-激しい嫌悪や恐怖-は意識にのぼらない。
そんなことになったら、犯行の楽しみは「だいなし」だ。

-----------

ここまでの文章は、ダニエル・ゴーマン著『EQ~こころの知能指数』から引用した。

この本は、1996年に日本語に翻訳された本なのに、読んでいると日本の今の問題で
思い当たるところが多い。また読み直してみようと思う。


ちなみに、そのような人間への治療で欠かせないのはこれだ。
----------

幼児に対する性的いたずらのような罪を犯した人間を治療していくうえで
最近とくに注目されているのは、犯人の心の中で被害者に対する共感が
完全に欠如しているという点だ。

有望視されている治療プログラムの一例を紹介しよう。

まず、犯罪者は自分が犯したと同じような犯罪のいたましい内容を
被害者の視点からつづった文章を読む。
性的ないたずらが自分にとってどんなものだったかを
涙ながらに語る被害者のビデオを見る。
そのあと、自分のしたことを被害者の視点から、
被害者がどう感じたか想像しながら文章に書く。
そして心理療法グループの前でその文章を読み、
犯行に関する質問に被害者の視点で答える。
最後に犯行の状況を再現し、犯罪者が被害者の役を演じてみる。


この療法を考案したバーモント州立刑務所の心理学者ウィリアム・パイサーズは、
次のように話してくれた。
「被害者に共感できるようになるとものの見方が変わるので、
自分の空想のなかでも相手の苦痛を否定するのは難しくなります」。
それによって、倒錯した性衝動を抑止しようとする動機づけも強まるにちがいない。
刑務所で治療プログラムを受けた性犯罪者の出所後の再犯率は、
治療を受けなかった犯罪者の半分だった。
最初に共感にもとづく動機づけをしてやらないかぎり、
その後にどんな治療を試みてもうまくいかないだろう。

----------
[PR]
by swanote | 2004-12-31 03:01 | 反応

子供にあげるプレゼント

クリスマスプレゼントは何を贈る?

小さい子どもと一緒に過ごすクリスマスは賑やかで楽しい。
自分が小さい頃も楽しかったことを思い出す。

親戚の子どもが3才になった。
アンパンマンとトーマスが好きだ。

プレゼント探しでは、アンパンマンかトーマスグッズに目が行ってしまう。

結局アンパンマンの置きあがりコボシをあげた。

気に入ってもらえて良かった。

でも、アンパンマンに向かって「アンパーンチ!」とパンチを繰り出す矛盾が気になった…。
[PR]
by swanote | 2004-12-25 01:46 | 反応

函館山

おすすめ夜景スポットは?

昔の話なので写真は見つからなかったが、函館山からの夜景がとてもキレイだった。

山にはロープウェイかバスで登るのだが、
バスの場合は山と反対側の窓が見えるところにいると、
山登りの最中も夜景が楽しめる。

車内で山側に立ってしまうと、反対側から聞こえる歓声が辛い。
[PR]
by swanote | 2004-12-13 22:21 | 反応

10大ニュース

あなたの流行語、今年の十大ニュースは?

(順不同)

1.野球選手会と愚鈍な野球経営者の戦い
2.サッカーアジアカップ日本優勝
3.民主党力及ばず
4.年金改悪と社会保険庁の放蕩ぶり
5.ファルージャ市民虐殺
6.アメリカとウクライナの不正選挙疑惑
7.三菱自動車リコールが止まらない
8.幼児虐待・尊属殺人事件が止まらない
9.無職独身男性の犯罪が止まらない
10.大先生達の賄賂疑惑が止まらない


個人的に印象に残った10項目は、

1.卓球愛ちゃん掛け声の謎
2.井上康生恋人と同棲発覚
3.コエンザイムQ10
4.ガッツ伝説
5.残念!
6.ヨン様
7.NHK紅白だめかも
8.イラクまだいる気?
9.マツケンサンバⅡ
10.異常気象と大地震

来年は、楽しいニュースばかりで10大ニュースを挙げてみたいな。。
[PR]
by swanote | 2004-12-09 23:52 | 反応

言い逃れ

あなたの流行語、今年の十大ニュースは?

既に、責任逃れの常套句と化してしまった「記憶にございません」に始まり、
あらゆるお偉方が放った見苦しい態度と聞き苦しい発言が
今年もテレビを通じて紹介された。

こういうのが、何気に一番流行しているんじゃないだろうか。


「覚えていない」、「やっていない」と、自覚がないのを理由に許してもらおうとする。


なぜ、世間では通用しないのに、「覚えていない」なんて言葉を堂々と使って
社会的地位の高い人が、責任逃れを試みるのか。


例えば、酔っ払いが妊娠中の女性に殴りかかって、
あとから「覚えていない。」と言ったところで、許してもらえるものではない。
覚えていないのは、覚えていない本人が悪い。

例えば、勉強した範囲が試験に出たのに覚えてなくて答えられなかった時、
「覚えていませんでした」と言って、情けで点を加算してもらえる人はいない。


覚えていないのは本人の責任。
覚えることもできない分際で、責任能力を上回る問題を起こして周囲に迷惑をかける。

自分が悪いことをしたという事実を潔く認める心意気もない。
ただ、その事実から目を背け、言い逃れようと必死だ。

そんな小心者の発言が社会的に通用すると勘違いしている。



このような発言が蔓延して、

本当に悪いことをしていない人の発言まで疑われる社会を作る。

相手を信用できない社会を作る。

目上の者を敬愛しない社会を作る。


社会的地位の高い人間が放つ虚言は、社会的害悪だ。
たぶん「そんな社会を作った覚えはない」と言うだろうけど。
[PR]
by swanote | 2004-12-06 22:36 | 反応

ブログランキング

勧められるまま、登録させてもらった。

登録完了後の説明を読んでから、
リンクバナーを貼らねばならないことを知った。

うーん、折角だからここに貼っておくかな。


b0011014_0451443.gif


五件投稿すると、押し流されて次のページに隠れるな。
…まあ仕方ないか。

上位ランクインのためにご協力お願いします!というのはちょっと照れる。

バナーデザインもここでは場違いな感じだし、これでいいや。

この部分を見つけてくださったコアな愛読者の方や好奇心旺盛な方のみ、
試しにクリックしてみてください。
お礼に、ご自身に何か幸せなことが起こることをお祈りします。
[PR]
by swanote | 2004-12-04 00:48 | 反応

敬語で放送

韓流ブーム、どう思う?

最近、「ヨン様」が来日して、日本女性が大騒ぎしていたのをテレビで見た。

「ヨンさまっ!ヨンさまあぁぁ~!!」と絶叫する女性群を背景に、
リポーターまで、なぜか興奮気味に大げさな敬語を使って実況中継していた。

敬語で実況されると、ありがた~い存在に思える。
笑顔もありがたく感じて、癒される気がする。勇気づけられる。

映像の効果は強烈だ。
[PR]
by swanote | 2004-12-02 23:47 | 反応

比内鶏スープ付のきりたんぽ鍋セット

お気に入り&憧れの「お取り寄せ」は?

この時期に嬉しいのは、温かい食べ物。
そのなかでも、鍋が好きだ。


山田流比内鶏きりたんぽは絶品。

きりたんぽもおいしいが、比内鶏スープの出汁が最高だ。
[PR]
by swanote | 2004-11-25 01:50 | 反応

モンブラン

いま食べた~い!秋の限定&おすすめスイーツは?

駅前とかで天津甘栗が年中売られていても、
秋になると「栗」が思い浮かぶ。

栗を使ったスイーツといえば、モンブランが好きだ。

甘く煮た栗が上に乗っていて、
ひょろひょろしたマロンクリームがスポンジや中のクリームをぐるぐる囲んでいるケーキだ。

ケーキといえば、ショートケーキかチーズケーキしか知らなかった子供の頃、
初めてモンブランを食べてその美味さに感動した。
両親がケーキを買ってくれる時は、いつも1つしかないモンブランを兄弟で取り合った。

最近は、色んな種類のモンブランが出ていて嬉しい。
どのケーキ屋でもどんな形のモンブランでも、つい食べている。
[PR]
by swanote | 2004-11-15 23:42 | 反応