カテゴリ:毒吐( 23 )

肩こり

背中をマッサージしてもらったら、

肩を掴まれて「…凝ってますね」と言われた。

「頭痛くならないですか?」と聞かれた。

「自分で普段から解したりしたほうが良いですよ」とアドバイスをもらった。


自分で揉むと疲れるし、揉んだ手の側の肩が凝るんだ。

頭は痛くないよ。
むしろ、無理やり揉まれた肩が痛いよ。。
[PR]
by swanote | 2004-11-19 04:40 | 毒吐

誤用

文法的に誤りがあると指摘を受けても、そうそう現代日本人の用法は変わらない。


例えば、「ら」抜き言葉
食べられる→食べれる となるもの。


例えば、「~させていただく」
「体調不良の為、お休みさせていただきます」
「私がご案内させていただきます」
など、立派な社会人がよく使う。


例えば、「~になります」
レストランで、注文したものを運んできた店員に言われたり、
レジで店員からお釣りを貰う時に言われたりする。


そして、「全然~」(肯定文)
「全然OK」「全然いいよ」など、それを強調したい時に使う。


なんとなく社会的に定着してしまった気がする。
その代償として消えつつある話し方もある。

例えば、ら抜き言葉が流行って、丁寧にゆっくり話す人が少なくなったと思う。

また、「~させていただきます」と話す人が増えて、
相手から率直な親しみやすさが感じられなくなった。

そして、「~になります」を使うことで、「~でございます」と言う店員がいなくなった。

さらに、「全然~」と言う代わりに、
相手に「嬉しい」とか「喜んで」とか率直な気持ちを伝える機会が減った。



ちなみに、「全然~」という日本語は、実は高校の国語の教科書に載っていたりする。
芥川龍之介の「羅生門」で使われている。

「羅生門」は殆どの国語教科書に使われているはず。
ということで、「全然~」という日本語を誤用だ!と目くじら立てるなら、教えてくれるなと思う。

どうしてそのことを誰も指摘しないのか、不思議でならない。
[PR]
by swanote | 2004-10-27 03:46 | 毒吐

震災

新潟県中越地震はまだ余震といえるか分からないほど大きな地震が続いている。
揺れの恐怖も大きいと思うが、落ち着いてからの復旧も大変だろう。

で、補正予算だなんだという話が出ているが、
それ以前に自衛隊が不足してるんじゃないでしょうか。

イラク出張している方々は、この機会に戻った方がいいと思うのだが。
宿営地に爆弾打ちこまれたりして、あまり歓迎されていないみたいだし。
[PR]
by swanote | 2004-10-24 23:32 | 毒吐

恐怖体験と信頼関係

信頼関係を結んでから、恐怖を感じることがあっても、
信頼していた当初を思い出すことで、逃げることを思い留まる。

しかし、恐怖を感じてから、実は信頼できる人なのかもしれないと思った場合は、
ちょっとした不審な行動からでも、その恐怖が思い出されてすぐに逃げ出したくなる。

だから、DVの被害者は、なかなか逃げ出さないし、
無理やり犯された女は、相手の気持ちが分からず逃げ出す。


そして、逃げた後やはり思い違いなんじゃないかと思う。

どちらも泥沼だ。
[PR]
by swanote | 2004-09-27 04:07 | 毒吐

トップダウン

最近の小学校には、ITと英語教育とゆとり教育が入ってきた。
なんのために入ってきたのか。

・情報を取り入れてグローバルな物事の考え方ができるようにするため。
・国際社会に通用するため。
・詰め込み教育の弊害を減らし、創造力をもった子供にするため。

現場の本音は、「…と、上が言ってきた為。」だろう。

やっていることに意義も見出せず、成果もあげられない。

そんな大人から教育を受けた子供は、将来どんな大人になるのだろう。


今の大人は、「言われたからやるだけ」という大人になったわけだ。
[PR]
by swanote | 2004-09-26 14:54 | 毒吐

傍若無人のパターン

傍若無人といえば、
「傍らに人の無きが若し」と字のごとく、
人がいても構わずに自分勝手な行動をする事。

周りは迷惑に感じている。

でも、迷惑な人の傍若無人な振る舞いに対して、
周りの人も、その人がいないかのよう(=傍若無人)に振舞う。

新しい傍若無人のパターンができている。
最近は、変な人に注意して目をつけられたら
無事で済まない場合があるから、自己防衛の手段なのだろう。

傍若無人のパターンの違いで、
人が分類できる。

迷惑を掛けていることを気にしない旧人類。
迷惑だと気づかせてあげない新人類。
[PR]
by swanote | 2004-09-24 08:32 | 毒吐

引ったくり対策

引ったくりが増えて、最近は、
自転車に乗っているときは、前の籠に入れたカバンが狙われるとか、
ケータイでのメールや相手との話中は狙われるとか、
言われている。

先日、
ショルダーバックを奪われにくいようにする紐の掛け方を教えている人が
テレビに出ていた。

基本は、人がすり抜けられる側や車道側にバック紐を掛けた状態で、
試しにひったくってもらい、
「紐の掛け方を変えると、ほら、盗られません」
みたいな実演をした。

それで終わってしまった。

そういうテクニック以前に、
まず、車道側や人がすり抜けられそうな側にバックを持たない・掛けないってことが
一番有効な対策だろうと思った。

この世の中、身の安全の為には、隙をみせず、
目をつけられないように生きてゆくしかない。
[PR]
by swanote | 2004-08-31 18:30 | 毒吐

なくならない戦争

誰かの詩なんだが、

---------------

飛んでください1センチでも高く 高く 高く

走ってください1秒でも速く 速く 速く

持ち上げてください1グラムでも多く

次から次へと
世界記録を作ってください

せめて体だけでも進歩してください

そしてまた類人猿のあたりから
やりなおしましょう

----------------

というような詩がある。

スポーツ世界における肉体や科学の進歩も、
所詮、それまでなのか。

「平和の祭典」が行なわれている裏側では、
昔から全く進歩することのない
人間の闘争本能が火花を散らしているのだろう。

個人の命や生活を軽視して。
[PR]
by swanote | 2004-08-29 12:10 | 毒吐

困った人との関係

悪意のない人が一番困る。

相手が喧嘩するつもりなら、自分が腹を立てようがシカトしようが、それなりに正当化できる。
無邪気に困ったことをする相手と良好な関係を維持しつつ、嫌だということを伝えなくちゃならないというのは、大変ストレスが溜まる。

そんなに親しくない困った人にメールの返事を「友好的に」出さなくてはならない場合、
まず、本当は言いたくてしょうがないことをメールに叩きこむ。
その文章をみるだけで、少しストレス解消になる。

でも、怒りに任せてそのメールを送信しないように気をつける。

気持ちが楽になったら、改めて穏やかなメールを作り直す。
[PR]
by swanote | 2004-08-24 16:03 | 毒吐

電車内のおしゃべり

しゃべっている本人は、プライベートな空間のつもりで
赤裸々に自分のことを話す。

声がでかいので、いやでも聞こえてくる。

今日の若くて派手な女性二人の会話。(といっても片方が一方的に話している。)

「どーしよー、ちょーやばい、マジで良いかも。
あー結婚しちゃったらどうしよー。
普通の昼の仕事って言っちゃった、
働いてないのに。
ばれたらやばいよね、あー何にしとこう、仕事。
うーん、テレアポでいっか。テレアポ!

あーやばいよ、これからがんばろうかなー!
3日で痩せようかなー。下剤とかガンガン飲んじゃおうかなー」

…就職がんばれば?

そんな二人を迷惑そうに睨んでいる男。

お前もさっき、ケータイで話したばっかりじゃん。
相手は彼女だったね。聞こえるんだよ。
[PR]
by swanote | 2004-08-19 14:55 | 毒吐