新世代ケータイ機能(4)

今回のテーマも、”癒し”。

触ると癒される機能
(動作条件:超音波発生技術?)

電磁波じゃなくて、所有者のα波が脳内に発生。


そして、
疲労物質除去機能
(動作条件:温冷シップ内蔵技術?)

筋肉痛とか、むくみとかに効く。


さらに、
コミュニケーション分析で相手の気持ちを知らせる機能
(動作条件:高度なコミュニケーション分析データリソースと高速シュミレーション技術)

現代人のストレスの多くは、人間関係が原因。

理不尽、不可解、納得がいかない、不快、
そんな気持ちは、相手の出方・考え・気持ちが不明だから。

それが明らかになることで、もしかしたら、ストレスが軽減されるのかも。

例えば、この状況において、
こういう人となりの相手は何を感じて何を考えているか。
もし、自分がこう振舞ったら、どう反応するか。どのように関係が変わるか。
瞬時にシュミレーション結果がでたら、安心するかもしれない。
[PR]
by swanote | 2004-08-14 03:28 | 白痴用
<< 新世代ケータイ機能(5) 新世代ケータイ機能(3) >>