外来語の言い換え

国立国語研究所が、外来語の言い換えを試みている。
この場合の「外来語」は、カタカナ語のこと。

今日、言い換えの第3弾が公表された。

提案した語の一覧(第1~3回)

この試みが始まった当初は、
情報過多の現代、外来語はそのまま使えば良い
という風潮があって、
世間からは、言い換えなんて古めかしいことだと揶揄されていた気がする。

でも、言い換えができるということは、
その言葉をよく理解していて、相手に分かりやすく説明できる
ということだと思う。

この一覧は、本当によく巷で使われるようになった言葉だが、
実際に何となく使っている人は、ここまで理解して使っているか疑問だ。

分からない人も、何となく使っている人も
これを改めて見ると勉強になる。

だんだん面白く感じてきた。
これからも根気強くいつまでも頑張って欲しい。
[PR]
by swanote | 2004-10-09 01:48 | 反応
<< 気合の入れ時 大画面の効果 >>