カウンターショック

自分が死んで悲しむ人がいるなら、絶対に生きていなくちゃならない。
そう思って、人生に枷をつけた。
無意味に思えても生きる意義を考えた。

世の中に自分の存在価値が認められなくても、
生きている間は誰かの役に立つ人になりたいと思った。

辛いことがあっても、自己嫌悪で死にたい衝動に駆られても、
日本人の平均寿命から枷になった人の年齢を引いてみたりして、
あと○年は生きてなくちゃと必死に思い留まった。

しかし、実は、寧ろいなくなってくれたほうが良い
と思われているのでは?

そう思ったら、身動きが取れなくなった。

やっぱり生まれてくるんじゃなかったと思った。
自分なんかよりもっと優秀な遺伝子が育てば良かった。



心無い言葉に傷ついて、その苦しさを吐き出すと、それが誰かを傷つける。
途端に言うんじゃなかったと後悔する。

人に害悪を与えるくらいなら、不満も不安も、全部自分の中に溜め込んだほうがましだ。
何事も大したことなんかじゃないと笑って、溜めこんで、
腐り果てて、自分ごと人知れず朽ちてしまえばいい。

もう言わない。言ったほうが辛い。
[PR]
by swanote | 2004-10-02 04:42 | 独白
<< 助けてください!と言われたら? 信じるという賭け >>