傍若無人のパターン

傍若無人といえば、
「傍らに人の無きが若し」と字のごとく、
人がいても構わずに自分勝手な行動をする事。

周りは迷惑に感じている。

でも、迷惑な人の傍若無人な振る舞いに対して、
周りの人も、その人がいないかのよう(=傍若無人)に振舞う。

新しい傍若無人のパターンができている。
最近は、変な人に注意して目をつけられたら
無事で済まない場合があるから、自己防衛の手段なのだろう。

傍若無人のパターンの違いで、
人が分類できる。

迷惑を掛けていることを気にしない旧人類。
迷惑だと気づかせてあげない新人類。
[PR]
by swanote | 2004-09-24 08:32 | 毒吐
<< 心の平静 携帯傘 >>