薬の思い出

子どもの頃は、最初シロップのような飲み薬を飲む。
ちょっと甘いので抵抗がない。

そのうち、粉薬になる。
粉を先に口に入れるか、水を先に口に入れるか
この頃に決まる。
最初はむせていたが、自分は粉を先に口に入れるようになった。
水を先に口に含むと、粉薬のために口をまた開くのが辛かったからだと思う。
そして、舌のあまり苦みを感じないところを探して載せる癖がついた。

そのうち、小さな錠剤も飲み込むことができるようになり、
最後にカプセル錠にチャレンジする。

小さな錠剤なら水を飲む勢いで流し込めたのに、
カプセルだとなかなか喉を通らなかった。
そのうち、カプセルがふやけてきて、舌に貼り付いてますます飲み込めなかった。

その時の葛藤をよく覚えている。
[PR]
by swanote | 2005-03-17 02:43 | 独白
<< 子どもでも気づく矛盾点 宇宙 >>