どこまでもつか

<NHK>受信料支払い拒否・保留 2月末で56万件に

NHK受信料の支払いを拒否できるのは、
訪問集金システムを利用している世帯だろう。
口座振替では自動引き落としされてしまうから。

そこで、NHK受信料をみると、
訪問集金の場合、2ヶ月分でカラー契約だけなら2,790円だ。
ちなみに、BS放送も入っている場合は、2ヶ月で4,680円だ。

ということは、NHKは少なくとも2ヶ月で

2,790円×560,000件の拒否=1,562,400,000円

つまり15億6千万円以上の損失があったということであり、

これが1年続くと、

2,790円×6回分×560,000件の拒否=9,374,400,000円

つまり93億7千万円以上の損失が出るということである。


すごい。
1億円の不正疑惑について対応を疎かにしたせいで、
視聴者から100倍返しされてるわけですか。

NHKは、1億円の流出に気づくのも遅かったけど、
防げたはずの100億円近い損失に気づくのも遅い。

対応が遅いのも気づくのが遅いのも、きっと何か考えがあってのことだと思うけど。
そうじゃなかったら、あまりにも間抜けだ。
[PR]
by swanote | 2005-03-15 01:41 | 反応
<< 変えられるもの 別れてもまた会える可能性 >>