実演

ブログにしか書けない「恥ずかしい話」

イタ飯屋でホールスタッフのアルバイトをしていた時のこと。

金属製のグラタン皿を運んだ時はいつも、
お客さんに一言添える。

テーブルに皿を置いてから、
「こちら周りが熱くなっておりますので、お気をつけください。」
と言いつつ、片手で勢いよくそれを指し示した瞬間、
自分の指先が皿に接触した。

思わず「熱い!」と叫んで、手を引っ込めたら、
お客さんに、「よく分かりました。」と言われた。
[PR]
by swanote | 2005-02-27 02:11 | 反応
<< 扉 負けないこと >>