負けないこと

絶好調の反意語は、なんだろう?
チョー不調?

今週は体調がとても悪かった。
そして踏ん張る気力も足りず、一度崩れたら元に戻らなかった。
予定がいくつも流れた。


自暴自棄になって、ネット検索中に出会ったポーカーゲームで現実逃避をした。
スロット式のポーカーを無心にやった。(暗い)


何をHOLDするか迷う。
大きな勝ちを求めるなら、手持ちに既にワンペアが出来ていても
流さなくてはならない場合が多い。
そのような賭けが当たって、大勝する瞬間は気持が良い。

しかし、そのような賭け方では、勝ちは連続しない。
大きな勝ちばかり求めて手持ちのカードを疎かにするといつか全てを失う。


確かに、ワンペアで勝っても、掛け金と同額しか戻らないので、
このままでは進歩がなく、ずっと持ち金が増えていかないような気がする。

しかし、ワンペアを優先してHOLDすれば、
それがツーペアになる場合もある。
スリーカードになる場合もある。
フルハウスになる場合もある。
そうならなくても、掛け金は戻るので、下がることはない。

ストレートやフラッシュ、ロイヤルストレートフラッシュなどの可能性が手持ちから
見られる場合も、既にワンペアがあればそれを優先する。
次に必ず待ち札が来るとは限らないし、ワンペアを失っただけという結果は最悪だから。

蛮勇的な勝負は、手持ちにワンペアがない時にやる。
ワンペアを逃してまで出た勝負だという焦りがなく、賭けを純粋に楽しめる。

ワンペア主義で「今」手元にある勝ちを失わないようにすれば、負けない。
運が良いところでジワジワと勝って、
持ち金が倍になったら、掛け金を倍にして、
また持ち金が倍になったら、掛け金を倍にする。

そうすると、いつの間にか大金持ちになっている。


ポーカーを人生にたとえる人がいる。
人間同士の騙しあいから「人生とはそんなもんさ」と達観し、
ポーカーフェイスで世知辛い世の中を渡る厳しさを学んでいるのかもしれない。

しかし、自分はこのゲームから人生コツコツと勝ち、何よりもマイナスを作らないことが
大きな勝ちに繋がることを学んだ。

そして、自分は大成功を夢見て、今手元にある恩恵を粗末にしていたことに気づいた。

それがわかって良かった。

ポーカーやって良かった。(と言い訳してみる)
[PR]
by swanote | 2005-02-26 01:45 | 独白
<< 実演 隣のカップル >>