学校図書館の本を読み尽くすには


平成16年2月25日に
文部科学省初等中等教育局が発表した
学校図書館の現状に関する調査結果(概要)では、

1校当たりの蔵書冊数は、
小学校…… 6,834冊
中学校…… 8,441冊
高等学校… 20,828冊
である。

つまり、高校卒業までの学校生活で、
36,103冊程度の本を読むチャンスがあるといえる。

小学生時代は、毎日3冊以上、
中学生時代は、毎日8冊程度、
高校生時代は、毎日19冊程度の本と出会えば、
全部の本に目を通すことが可能だ。

まあ、高校時代は、20冊くらいのタイトルをざっと見て、
興味が湧いた本を何冊か読むので精一杯かもしれないな。

しかし、脳みそが柔らかい成長期に、これだけ頑張ったら
たとえ当時は、特に何の取り得もない子供だったとしても、
大人になってから社会で立派にやっていけそうだ。
[PR]
by swanote | 2005-02-17 20:56 | 白痴用
<< 気分転換 日本語小論文 評価採点システム >>