引きこもりと経済状態

最近は、「引きこもり」という言葉が世間的に認知され、
ちょっとしたきっかけで、そういう状態に陥った人を
同情の眼差しでそっとしておいてくれる。

両親は、引きこもってしまった我が子の面倒をみるために
一生懸命お金を稼ぎ、子供の言うなりになって貢ぐ。

そういう事態が予想できるから、
一度「引きこもる!」と家庭内で居直ってしまったら後は簡単だ。

部屋から出ずに、
インターネットやテレビ、ゲーム、アニメ、漫画などばかりを相手に一日を過ごし、
お腹が空いたら適当に食べ、眠たくなったら寝る。

「悩んでいるんだ」、「辛いんだ」という思い込みにどっぷり浸っていれば、
全てが許される。

学校にも仕事にも行きたくないから行かない。
どんな説得にも面倒くさいから応じない。


精神病とはとても呼べない、こんな「引きこもり」が裕福な日本には多数生息している。

試しに、保護者はそこを引き払い、
第3者が、
これ以上ご飯も与えられないし、部屋も与えられない、
それ以外の経済的援助も一切できないと伝えて、
賃貸雑誌と求人雑誌を渡してみたらどうだろう。
[PR]
by swanote | 2005-02-15 19:37 | 毒吐
<< ブログとの出会い 教育に完全はない >>