教育に完全はない

「ゆとり教育」から脱却 文科相、中教審で表明へ

全体的な学力低下の危機を招いた「ゆとり教育」が見直されて良かったと思う。

現場はその対応に追われて、混乱して、教育について悩むことが多くなるだろう。

しかし、いつの時代の教育も完全なものではなく、むしろ課題だらけだった。
そのなかで教師は悩みながらも、最善のものを生徒に与えようと努力してくれた。

そして、運の良い生徒は、そのように熱心な教師と出会ったことを人生の糧とした。


近年広まってきた「教育はサービスだ」という精神は、それはそれで良いと思うが、
教育は完全なサービスとして全ての「お客様」を満足できるような代物ではない。

それ故に、学習は能動的なものであるべきだと思う。
[PR]
by swanote | 2005-02-15 19:09 | 反応
<< 引きこもりと経済状態 体力と気力の関係 >>