なぜ人を殺してはいけないのか?

<小学校乱入>17歳少年が教職員3人刺す、1人死亡 大阪

思春期から、「自分の勝手だろう!?」という意識が芽生える。

そして、大人が強制する枠組みを壊そうとする。



なんで勉強しなくちゃいけないの?
なんで親の言う事を聞かなくちゃいけないの?

から始まって、

なんで援交しちゃいけないの?
なんで人を殺しちゃいけないの?

とエスカレートしていく。


そして、自分の好き勝手にしてみたいと思うようになり、
一度、その「自由」を試してみたくなる。


それでも自分の一生は保証されているという錯覚(甘え)がある。


このような疑問を子どもが持った時には、教師や親が即座に、
世の中の仕組みについて、充分な答えを与えてやらなくてはならない。

果たしてそれができる大人が何人いるだろうか?


そういう機会が与えられない子どもは、
誘惑に飲まれて「自由」を試したり、
感情の赴くままに禁忌を犯す。

そして、世の中の仕組みを理解しないまま、大人になってしまうかもしれない。


以前見つけたサイトには、ひとつの回答があった。


藤田徳人.com 教育科学講義


今のところこの回答が妥当だと思う。
[PR]
by swanote | 2005-02-14 18:17 | 反応
<< 体力と気力の関係 勝ち組みと負け組みを作るということ >>