海外旅行ツアーオプション

海外に旅行して現地の人ともっと話せたらいいな!と感じて、
帰国してから外国語を学ぼうと一念発起する人がいる。

「次に行った時には、現地の友人を作るぞ!」という意気込みで、
学習初期は異常に熱心だが、次の機会なんて早々あるものではない。

そのうちやらなくなる。

実にもったいない。


現地の人と話したいと思う人が多くいるのなら、
出発前に日本で現地の言葉を学習できる機会をサービスしたらどうだろう。

スケジュールを説明しつつ、シチュエーションごとに使えそうな言葉を教える。

例えば、
「2日目の昼は、○○広場で13:00から15:00まで自由行動です。」
というようなスケジュールの説明だったら、

 ・××はどこですか?
 ・トイレはどこですか?
 ・これはいくらですか?
 ・(金額の呼称)
 ・これは何ですか?
 ・おすすめはありますか?
 ・これをください。
 ・いりません。
 ・ありがとう。
 ・これは違います。
 ・もっと安くしてください。
 ・別の色・サイズはありますか?
 ・写真を撮ってもいいですか?
 ・写真を撮ってください。
 ・すみません。
 ・助けて!
 ・わかりません。
 ・もう一度言ってください。

程度のことを話せるようにするとか。

この程度なら、相手のリアクションも推測できて分かることが多いので、
現地の人とコミュニケーションができた!と満足するだろう。


つまり、これまでの日本の海外旅行者(ツアー客)は、

日本語が通じるツアーに参加

やっぱり現地の言葉がしゃべれたら良いな~!と思う

日本帰国後、個人的に勉強

試す機会がなかった…

あきらめた

日本語が通じるツアーに参加…


というサイクルに陥っていたわけだが、


現地の言葉をシチュエーションごとに学習

そのシチュエーションを実際に現地で体験し、学習した言葉を試すことができる

ちょっと通じて嬉しい!

日本帰国後、個人的に勉強を続ける

試す機会がない…


というように、帰国後なかなかすぐには次のチャンスがないのは同じでも、
事前に学習する機会をサービスすることによって、
新しいサイクルでは、これまで体験できなかった現地語での交流という喜びが得られる。


対面式で教えてもらえたら楽しいけど、
シュミレーション練習ができるようなWebサイトを作ってくれても良いな~
[PR]
by swanote | 2005-01-22 04:45 | 白痴用
<< びっくり 豆乳鍋 >>