知の伝播構造

インターネット上で、情報を検索することが当たり前になった。

図書館みたいに無料で情報が得られるだけでなく、
自分が知り得た情報を提供したり、感じたことを公開したりすることもできる。

この仕組みが、知識の共有や、共感や、新しい常識を創り出す。

誰かが提供した情報が、すぐに皆のものになる。

このような知の伝播構造は、
トップダウン型でもなく、ボトムアップ型でもない。
まさにネットワーク共有型だ。

ちなみに、互いに誰かの主張や知識の影響を受けているので、
自分がオリジナルである権利を主張することは難しい。

マスコミで取り上げて騒ぐニュースが大抵同じなのも、
この構造が影響しているのだろうか。
[PR]
by swanote | 2005-01-18 01:18 | 独白
<< EQ(8)―古き良き時代 マッサージチェア >>