ニュースの速報性と客観性

テレビや新聞、インターネットの普及で、多くの情報がすぐに手に入る。

ニュースからいち早く世の中の出来事を知ることができるのは、良いことだと思う。

しかし、正直なところニュースをどのように捉えればいいのか分からないことが多い。
マスコミが客観的な報道を心がけているので、結局自分で解釈しなくてはならない。

このようなマスコミ報道の基本姿勢は、意図的に誤った解釈を伝えたり、
戦争とか危ない方向に扇動したりするよりは良いと思うし、
様々な立場の人がニュースを見ていることを考えてのことだと思う。

しかし、最近のように衝撃的なニュースが多すぎると、解釈するのに疲れて
その受け取り方に無関心になり、心が麻痺してくる。
[PR]
by swanote | 2004-12-17 00:07 | 独白
<< 大事なことを忘れる 眉間のシワ >>