困った人との関係

悪意のない人が一番困る。

相手が喧嘩するつもりなら、自分が腹を立てようがシカトしようが、それなりに正当化できる。
無邪気に困ったことをする相手と良好な関係を維持しつつ、嫌だということを伝えなくちゃならないというのは、大変ストレスが溜まる。

そんなに親しくない困った人にメールの返事を「友好的に」出さなくてはならない場合、
まず、本当は言いたくてしょうがないことをメールに叩きこむ。
その文章をみるだけで、少しストレス解消になる。

でも、怒りに任せてそのメールを送信しないように気をつける。

気持ちが楽になったら、改めて穏やかなメールを作り直す。
[PR]
by swanote | 2004-08-24 16:03 | 毒吐
<< ふと思い出す言葉 青春野球 >>